自衛隊も血税をネコババ

「しんぶん赤旗」 2004年11月19日(金)

陸上自衛隊の警務隊幹部らが「カラ出張」による旅費の不正受給を行っていた疑惑が十八
日、参院外交防衛委員会で明らかになった。

元陸自幹部の「不服申し立て」をもとに日本共産党の緒方靖夫議員が追及したもの。大野
功統防衛庁長官が、調査し公表することを約束した。

告発したのは、陸自会計監査隊・東部方面分遣隊の一等陸尉だった加藤好美氏。

備品購入をめぐる背任容疑で警務隊に二〇〇二年八月に逮捕され懲戒免職処分になった。
しかし、不起訴となったことから免職撤回を求めて防衛庁長官に不服申し立てを行い、そ
のなかで、自衛隊内部の不正を告発した。

 告発した内容は、陸自第112地区警務隊霞ケ浦派遣隊所属の一尉など三隊員が二〇〇
二年一月から三月に行った出張四件での旅費不正受給。

行き先は相馬原や松山などの駐屯地だが、実際は「旅行先部隊において、給食、宿泊依頼
を受けた事実がない」などの具体的事実を示し、「カラ出張」の疑いを指摘している。

加藤氏は、当時、会計監査隊でこれら三隊員の文書監査を担当。疑問を持ち、出張先に直
接問い合わせたことから「カラ出張」が判明した。こうした「裏金」づくりは「習志野」
「宇都宮」「相馬原」「小平」「立川」各駐屯地の警務隊でも行われたと同氏は指摘して
いる。

「裏金」工作は警務隊以外でもあり、年間総額は部隊規模により数十万円から数百万円と
のこと。

 緒方議員は、司法警察の職務権限をもち、自衛隊内の犯罪を取り締まる警務隊で組織的
不正の疑いがあるのは重大だと指摘。「長官の責任で徹底調査し、その結果を公表すべき
だ」と要求。

大野長官は「(調査・公表の)要望に沿わしていただく」と言明した。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik3/2004-11-19/15_01.html
----------------------

恥ずかしながら昨日までまったくこの事実を知らず。いかに商業メディアが共産党の話題
に触れたがらないかを改めて実感しました。

まあ商業メディアは公明党についてもまったく触れませんが。しかしその代わり毎週
「潮」という創価学会関連雑誌の広告を多額の広告費を受け取りデカデカと掲載している
のは周知の事実。

相変わらず頼りにならない日本のマスコミ。これならIT時代はもしかしたら個人メディア
がメインストリームになるのではと、ふと思ったのでした。








 アクセス解析
[PR]
by pace2005 | 2004-11-22 19:50 | とんでもない人達
<< 自衛隊による血税ネコババの実態を証言 伝えられなかった米大統領戦の不正 >>