米軍兵士は覚醒剤(通称スピード)常用

ご存知だったでしょうか。米国防省はイラクで戦闘を行う兵士達に大量の覚せい剤を処方しているのです。

米軍が使用する覚せい剤は錠剤でデキストロ・アンフェタミン(製品名『デキセドリン』、通称「スピード」というもの。

米国防省は、これは無害なだけでなく役に立つと主張しています。しかし麻薬取締局によると、この薬は、深刻な副作用として精神病性の異常行動、抑鬱、不安、疲労、偏執症、攻撃性、暴力的行動、意識障害、不眠、幻聴、気分障害、妄想を招く怖れがあるとしています。

以前に我が国では「覚せい剤止めますか、それとも人間辞めますか」という公共広告が放送されていましたが、その基準で行くと米軍兵士はとっくに人間を廃業しているようで・・・。

アブグレイブの虐待をはじめ米軍の数々の蛮行の裏にはよく言われるその侵略的性質だけでなくこの薬物の影響もあるのかもしれません。

それにしても劣化ウラン弾といい、覚せい剤といい、米国防省の「これは無害なだけでなく役に立つ」というのはまったくもって信用できない言葉です。

さて話は変わりますが、楽天住人JSF.氏から「戦闘薬としての覚醒剤使用は、軍隊ならどこでも普通の事ですよ。特に戦闘機パイロットなどは眠気覚ましの為に良く使います」というメールを以前頂いてました。事実とすれば覚せい剤を常用する軍隊というものの非人間性を感じずにはいられない情報です。

我が国の税金泥棒(憲法違反のくせに給料を貰うというので全共闘時代左派が自衛隊につけたあだ名)も常用しているのでしょうか・・・。




情報元 『覚醒剤の助けで戦闘に臨む米軍兵士たち』
http://hotwired.goo.ne.jp/news/news/culture/story/20030220201.html 
-------------------
追記 「ダメ・ゼッタイ」薬物乱用防止ホームページより
   http://www.dapc.or.jp/data/kaku/2.htm


アンフェタミン系覚せい剤の作用はいずれも長時間に及ぶもので、コカインと同様に中枢
神経に働きます。


瞬時に」快感を生じるこの方法において、アンフェタミンを「スピード」(Speed)と呼
ぶのは誠に当を得ているといえます。「スピーディング」(Speeding)とは一連の注射行
為をいいますが、いずれの段階にあっても即座に強烈な感覚のクライマックスと全身快感
が引き起こされます。アンフェタミン類は即座に循環器系に吸収されてゆきます。大いな
る自信と意気軒高を感じさせることにはじまる薬効が、やがてジェットコースターに乗っ
て宙を舞うような感じを引き起こします。

覚せい剤乱用者は、無限の力を得て、何事も意のままに操ることができると感じるので
す。瞳孔は散大し、呼吸数は急激に上がり、心臓はまさに早鐘を打ち鳴らすような状態に
なり、粘膜は乾ききってしまいます。こうした状況の中で、ものを言おうとしても何を
言っているのか訳も判らないような有り様になります。乱用者は何か一つ夢中になるよう
なことがあってもそれ以外のことはすべて度外視してしまいます。最初の目眩めくような
快感は、蓄えられたエネルギーが消耗されるにつれて、多幸感や高揚した気分へと変わっ
てゆきます。

 精神的並びに肉体的に、最早超人と化した彼には如何なる離れ業も可能と感じさせるの
です。彼にとって、人生などほんのマンガです。そしてスピーダー(覚せい剤乱用者)は
快感の敷き詰められた道路をひた走るのです。

 かくも強烈なヴァイタリティーですが、一旦体内エネルギーが枯渇すると、やがて萎ん
でゆきます。一気に訪れる不安と狼狽と混乱に支配されてしまうのです。スピーダーの快
調な疾走もエネルギー切れを迎えると、イライラは偏執病の症状を呈し、そして極度の疲
労感に襲われます。頭痛、動悸、目眩、激昂、不安、そして錯乱した状態が、それまでの
エクスタシーにとって変わるのです。


ただアンフェタミン系覚せい剤は、仮に多量に用いたとしても、それ自体が人を殺すまで
にいたるのは、むしろ稀です。つまり長期間にわたる薬物の乱用の「副作用」が人を殺す
ことはあり得る訳で、「死亡」が発生するとすれば、まさに覚せい剤狂に共通している凶
暴性そのものであると言えましょう。

 偏執狂的症状や、異常に亢進した活動性、感情的起伏の極端な変化などは、必然的に生
じる生活スタイルの変化と相俟って、強姦や殺人などの暴力的行動へと駆り立てることに
なります。

また乱用が長期化しますと、当然栄養の障害から諸々の疾病や細菌感染などが生じ易くな
ります。注射針からの感染ではウィルス性肝炎による肝機能障害のほか、エイズがありま
す。また水に溶けない不純物を含んだ覚せい剤を注射しますと細い血管に詰まったり脆弱
化させたりする原因となるほか、腎臓病や肺機能障害をも引き起こします。



 アクセス解析
[PR]
by pace2005 | 2005-02-10 00:29 | イラク情勢
<< ファルージャから届いた話 NHKに対する圧力疑惑と、ビラ... >>