自民党・山拓と統一教会女性不倫事件

報道によると自民党衆院議員・中西一善氏が強制わいせつ事件を起こし現行犯逮捕されたようです。

都議選のときから地元の蒲田駅前などで「一日一善、中西一善」とPRしていたそうですが、しかし2ちゃんねるなどにはそれとは反対の人物像を指摘する声もあるようです。

ところで自民党といえば、今回の件に限らず、女性スキャンダルというのはかなりあるように感じられます。例えば今年経歴詐称疑惑で民主党衆議院議員が辞職したことによる補欠選挙に立候補する山崎拓氏も以前このようなスキャンダルがありました。

---------------------

(朝日新聞)(09/08 13:22)

山崎拓氏、文春に敗訴 交際報道「違法性なし」

「週刊文春」に世界基督教統一神霊協会(統一教会)に関係する女性と交際していたなどと報じられ、名誉を傷つけられたとして自民党の山崎拓幹事長が、発行元の文芸春秋側に5千万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟の判決が8日、東京地裁であった。
(中略)
問題の記事は02年4月4日号に掲載された。「防衛族」の山崎幹事長が統一教会に関係する女性と交際することで、国家機密が漏れる可能性がある、などと報じた。

判決は、

(1)山崎幹事長が02年1~3月、深夜にこの女性のマンションを訪れていることを週刊文春の記者が直接確認している

(2)女性が一時住民票を置いていた住所には統一教会の施設があった、などと認定した。

そのうえで、統一教会について米国下院の国際機構小委員会が78年にまとめた調査報告書に言及。

この報告書によると、統一教会が米国の上院議員やスタッフに若い女性信者を近づけて教団のイメージアップを図っていたなどとされ、こうした点を踏まえ、「山崎幹事長の地位を考慮すると、意見ないし論評の域を逸脱していない」と結論づけた。

山崎幹事長側は「女性の素性や統一教会の危険性は自分とは関係なく、公共の利害に関す
る事実ではない」と主張したが、判決は「政治家としての適格性にかかわる事柄だ」と退けた。(後略)

-----------------

その後この事件に限らず、自民党の山崎拓前副総裁には女性スキャンダルが噴出し「エロ拓」
のあだ名がついたのは有名な話です。そしてそれが祟って選挙に落ちたと。

ですがそういう人間でも今は首相補佐官を勤めているのですが・・・
-----------------
ZAKZAK 2004/09/29

第2次小泉改造内閣の発足に伴い、首相補佐官に任命された自民党の山崎拓前副総裁が28日、さっそく官邸に“出勤”した。記者団から「毎日官邸に来るのか」と問われると、「そうです」と宣言。「首相から特命があれば、処理していく」と意欲満々に言ってみせた。

-----------------

さてこういうスキャンダルを起こした人間でも果たして国会に返り咲くことができるのでしょうか。私自身は今回も山拓は選挙で涙をのむのではと予想していますが。ともかく山拓は国会に帰ってこれるのか、そして先の中西一善氏の逮捕が東京都都議選に与える影響、これらのなりゆきをぜひ注目していきたいですね。
[PR]
by pace2005 | 2005-03-10 19:11 | とんでもない人達
<< サダムの偽装たこ壺という御伽噺... 性教育叩きに関する関連記事のリンク >>